Copyright © Child Developmental Science Reserch, All right reserved.

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • RSS Classic
「『教育に科学を!』科学研究講座」Basic
受講料 5,000円
「『教育に科学を!』科学研究講座」Advance Day1  
受講料(2日間一括) 50,000円

教育科学 Ⅰ (90分)

 

1 科学とは何か?

       ・世の中にあふれている科学的でないレポートについて(疑似科学)

       ・「科学」に関する定義 (再現性、客観性、信頼性、妥当性)

2 疫学統計学基礎

       ・科学的思考方法

       ・因果関係の証明

       ・疫学統計学の考え方

3 研究デザイン

       ・研究の種類

       ・研究のデザイン

​ 『教育に科学を!科学研究講座』Advanceは、1日半の日程で行われます。初日は半日で、2日目まで通常1週間、間をあけます。その間に課題をやらなければなりません。

「『教育に科学を!』科学研究講座」Advance Day2
受講料(2日間一括) 50,000円

WORKSHOPS.講座案内

教育研究 Ⅰ (90分)

 

1 先行研究

       ・既知と未知について

       ・先行論文検索の方法

2 既知のこと~基礎理論

       ・脳科学の恩恵

       ・応用行動分析と認知行動療法

3 論文読解

       ・論文の読み方

       ・集団を扱った研究

       ・個を扱った研究

​【目的】 教育に関係する研究を行うための基礎知識を身につける。Basicコースの講師として広く啓発するための知識と手法を学ぶ。

(選考研究の検索演習、教育現場での研究デザインと手法、疫学統計学の基礎、Excel統計の基礎演習)

Advanceコースを修了し、試験に合格した者は、子どもの発達科学研究所との契約の上、Basic講座の講師を務めることができます。

【対象】 「『教育に科学を!』科学研究講座」、Basic 修了者 ・ Day1とDay2ともに同期に受講可能な者

教育科学 Ⅱ (90分)

 

1 研究論文の批判的考察

       ・データを批判的に見る

       ・先行論文を批判的に読む

2 レビュー論文

       ・レビュー論文の意義

       ・レビュー論文の方法

3 介入研究

       ・介入研究の意義

       ・介入研究の方法

       ・介入研究の実例 

教育研究演習 Ⅰ (90分)

 

1 論文検索演習

       ・Pub-Med、Eric の使用方法

       ・キーワード等による論文検索

2 英語論文読解

       ・Abstract の読解

3 課題の設定

       ・レビュー論文作成を念頭に、各自、論文検索の課題を設定する

教育研究演習 Ⅱ (80分)

 

1 疫学統計学

       ・データ解析の必要性と代表的な手法

2 Excel解析1

       ・模擬データを用いた演習

       ・T検定

教育研究演習 Ⅲ (120分:休憩有)

 

1 論文検索の発表

       ・各自が調べた論文を発表し、その項目について既知と未知を明らかにする

教育研究演習 Ⅳ (90分)

 

1 Excel解析2

       ・模擬データを用いた演習

       ・回帰分析 重回帰分析

教育科学 Ⅱ (60分+40分)

 

1 本講座の目的

       ・教育に科学的根拠が必要な理由

       ・科学によってわかること

2 Basic講座のプレゼンテーション

       ・スライド資料の説明

       ・講師の役割

3 講師認定試験(40分)

       ・ペーパーテスト(知識、研究の批判的考察、研究デザインの構築)

       ※後日、提出する課題があり、両者を採点の後、後日、結果発表

 本講座は、教育界において、データの利活用についての知識を広め、教育に関する科学的知見を蓄積可能な状況にし、何よりもすべての子どもたちの健全な発達に資する教師を育成することを目的としています。

​【目的】 教育に関係する科学、および科学研究についての基礎知識を身に付ける。

     (科学的思考法、研究デザインと手法、先行研究の検索、科学研究の基礎となる理論、科学論文の読み方)

【対象】 教師、保育士、講師等、学校等の教育現場で支援を行っている者、もしくはそれに準ずる者

     (保護者の皆さんは対象ではありません。ただし、学術的な科学研究法等に興味がある方はその限りではありません)